FC2ブログ

Entries

8%導入時までは時間があるのかないのか?

士族クオリティー

↑理解し難い日本人に対する結論として、我々日本人と、お前ら日本人とは、国籍が同じっていうこと以外は共通点はいないだろう。別にどっちが貴種で、どっちが下種(げす)でもいいけど、お前ら日本人と、我々日本人は別もの。

消費税増税を巡る問題では、財界病の発症した自民党が随分と滅茶苦茶な論法を主張しているんだが(※1)、自動車税絡みで自民‘党政調幹部も17日、「難しいときは時間をかけてやればいい」との意向…中略…昨年6月の自民、公明、民主の3党合意は、「消費税率8%への引き上げ時までに結論を得る」と明記’(※2)ってあるんだけど、軽減税率に関しては、時間がないから8%段階では導入しないとしているわけだ。その理由としては、時間がないからするとだ、この記事によると「時間をかけてやれ」るだけの期間が8%導入までには時間があると言っているように思えるし、ないなら8%導入には間に合わなくて当たり前の話。どっちなんだ?しかも、自動車関連税と消費税が「二重課税」っていう変な言葉を使い出している。既存税体制で足りないから消費税を増税するわけで、それをご都合主義であっちこっちを減らしたら、増税する大義を否定するのに等しい。そして、3%消費税を導入したのが平成元年(1989年)だからかれこれ四半世紀も前の話。8%に上げるから二重課税っていう論法は通用しない。民事法の時効だって20年だよ。それをはるかに越えて、そう言えば二重課税…バカだろ。どうにかこうにか、高額商品の事実上の軽減税率を導入しようっていう趣旨であることは、バカでもない限り、直ぐにわかるよ。そういう非難を避けるためにこういう主張をしているんだろうな。自動車は生活必需品とかっていう説も自民党から出てきているし(※3)。

自動車関連税と消費税が、それぞれ別の趣旨として25年を過ぎようとしているわけだから、二重課税の趣旨はおかしい。今、軽自動車の優遇を止めようという主張が出ているが、足としての必需品っていうなら、軽自動車の優遇を強化すればいいだけの話でしょ。それ以外においての二重課税の主張は的外れと言っていい。エコカー補助金・減税で5%消費税分を随分と免税してきておいてよく言うよとは思うよ。徳川家康が士農工「商」としたし、プラトンは商人には「節制」を要求しているよ。奴らのさもしさを喝破し続けた偉人たちはいたわけだな。


※1.
コラム「国民をサル扱いするな」(2013-01-18)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-7986.html

※2.
「二重課税」自動車2税の廃止見送りへ 平成25年度税制改正で政府・自民 - MSN産経ニュース/2013.1.18
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130118/biz13011808080001-n1.htm

※3.
コラム「自民党の財界主権主義病が出てきた」(2013-01-11)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-7922.html
(2013/01/18)

スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる