FC2ブログ

Entries

御大将通信2021年3月26日号

士族クオリティー


壱:
コロン対策で、桜の木を切ろうっていうくらいの決断力のある政治家っていないもんなのかね。必要に迫られれば、青梅だって、梅の木を切ったんだけどな。
※コラム「コカ・コーラ ジョージア グラン 微糖 デザイン缶」(2021-02-27)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-41928.html


弐:
22日放送のNHK教育テレビ『ハートネットTV』が波紋 「女性差別なんて生っちょろい」|ニフティニュース/しらべぇ/2021年03月23日
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162539312/
女性‘かしまし’発言で謝罪・辞任に追い込まれた森喜朗だけど、当然、この発言をした‘「盲目の弁護士」として知られる大胡田(おおごだ)誠’(※1)に謝罪と辞任をするために追い込まないといけないでしょ。障害と女性問題、比較することじゃないし。この問題で、大胡田誠を非難しないことは、為末大的に言うなら、賛同していることと同じだからね。そう言えば、祖母が、片輪の片意地っぱりって言っていったな(笑)
※1.NHKの福祉情報番組が〝女性差別〟に関する不適切表現を謝罪 ツイートも撤回(東スポWeb) - Yahoo!ニュース/3/23
https://news.yahoo.co.jp/articles/80965673f9316fcbbb4a5320728c12d1a3bd1bcb


参:
3月22日放送のNHK教育テレビ『ハートネットTV』で、「女性差別なんて生っちょろい」って、大胡田誠・弁護士が発言したっていうけど、森喜朗は女‘かしまし’発言をしただけで、謝罪会見・辞職に追い込まれたわけだけど、大胡田誠、当然、NHKは謝罪させて、番組に出さないっていう対応するんですかね?NHK、コロナ禍で、経済的に困った女が風俗に流れてくるって喜んでいた岡村隆史を、NHKは降板させることがないからな。大胡田誠にしろ、岡村隆史にしろ、森喜朗の発言よりゲスだと思うんだがな。誰が発言したかによって、内容の濃淡が変わるのかね?気持ち悪い発想だよ。
※コラム「御大将通信2020年12月12日号/「玖」」(2020-12-12)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-41027.html


肆:
英警官、黒人男性の首に膝 ネットに動画、停職処分|全国のニュース|富山新聞/2020/7/18
https://www.hokkoku.co.jp/articles/tym/17211
‘英ロンドンの路上で警官2人が黒人男性(45)を取り押さえる際、このうちの1人が膝で男性の首を地面に押しつけたとみられる様子を収めた動画が18日までにインターネット上に拡散’ってあるんだけど、実際の動画をみると、黒人男、凄まじい抵抗。バカだろって思うし、こんな黒人男が野放しにした方が良いと思う奴がいたとしたら、とにかく社会をカオスにした破壊主義。そうでないとしたら、単に明き盲だよ。結局、‘この男性は、刃物を所持していた疑いで16日に逮捕された’ってあるんだけど、逮捕に凄まじい抵抗を示すのが黒人の文化なら、逮捕するのは警察官の義務。そういう価値観同士がぶつかっているのに、警察官に何をしろと?警察官がサボタージュをしたら、回り回って一般市民が被害者になるだけだろ。


伍:
自分をレイプした男と強制結婚させられた「最下層カースト」少女が殺害 クーリエ・ジャポン/2020.7.20
https://courrier.jp/news/archives/206043/
に、‘ネパールで止まらない「不可触民」差別の闇’ってあるけど、ネパールで思い出すのは、ゴビンダと、ネパール王族殺人事件で、王室廃止になった間抜けな国っていうことくらい。結婚したくない相手をレイプして、結婚させると暴行して虐待死させる。日本人にはない感覚だよな。海外によく行く友人が、男でも、女でも、ガイジンって人殺しができると思うって意味深なことを言っていたな。そこが日本人にない感覚、民度だよな。
※コラム「東京電力OL殺人事件自体への関心」(2012-06-09)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-4637.html
コラム「日本のレイプと海外のレイプ」(2016-03-29)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-17717.html


陸:
自分をレイプした男と強制結婚させられた「最下層カースト」少女が殺害 クーリエ・ジャポン/2020.7.20
https://courrier.jp/news/archives/206043/
に、‘ネパールで止まらない「不可触民」差別の闇’ってあるけど、ネパールってヒンズー教の国だったのか。てっきり、仏教国かと思っていたよ。日本人から見たら、ネパール人全部が不可触民、アンタッチャブルなんだけどな(笑)


漆:
イスラム教徒の少女を家族が丸刈りに、キリスト教徒との交際で フランス 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News/2020年8月23日
https://www.afpbb.com/articles/-/3300641
‘フランスで暮らすイスラム教徒の10代の少女が、キリスト教徒の若者との交際をめぐって家族から髪をそられる事件があった’ってあるけど、キリスト教徒の若者って、本邦出身及びその子孫で、イスラム教徒の家族っていうのは、本邦外出身者及びその子孫でしょ。つまるところ、キリスト教の国に入り込んで住みついて、キリスト教徒と交際するなんて!って、盗人猛々しい。フランスとか、キリストの国・フランスには微塵もあこがれはなく、単に経済的・文化的豊かさを享受したいだけの経済難民が本質だよな。多様性ばかり強調するんじゃなくて、同化する気がないなら受け入れる必要性はない。そもそも、各国を多様性で満たしたら、世界から多様性がなくなるわけだから、多様性は国単位で十分でしょ。


捌:
なぜ日本社会は「女がラクをすること」に対してここまで厳しいのか PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン) “女性リーダーをつくる”/2020.09.07
https://president.jp/articles/-/38445
‘ドイツ出身で、日本で22年生活するサンドラ・ヘフェリンさんは、日本社会は女性がラクをすることに厳しく、子どもや男性がラクをすることが優先されると指摘。そんな社会で息切れしないために、できることとは――’ってあるんだけど、22年もなぜに日本にいるんだ?不味い不味いって言っておかわりを何杯もしているようにしか思えない。ガイジンって、欧米人も、土人・土民の類も、男が家計を握っているけど、日本じゃ、余程変わった家じゃなかったら、奥さんとか、母親という存在に裁量権を握っている。大蔵大臣とか、勘定奉行とか。ガイジンと結婚した日本人女が哀れだなって思うよ。


玖:
伊藤詩織氏に「断固抗戦する」「左翼の言論弾圧は益々加速」 提訴された大澤昇平氏、ツイッターで気炎 J-CAST ニュース/2020年08月20日
https://www.j-cast.com/2020/08/20392552.html
‘大澤氏は20年1月に、「弊社 Daisy では中国人は採用しません」などとツイートしたとして、東京大学から懲戒解雇処分されている。以降、排外主義的な発言を繰り返している’ってあるんだけど、‘「荒井由実(松任谷の旧芸名)のまま夭折(ようせつ=若くして死ぬこと)すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだ方がいいと思いますよ。ご本人の名誉のために」’(※)と言った白井聡は、京都精華大学から厳重注意だけ。
※ユーミンに大暴言の大学教授“謝罪文で自著宣伝”が再び大炎上! (2020年9月3日) - エキサイトニュース/週刊実話
https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_23635/


拾:
ユーミンに死んでいた方が良かったって発言した京都精華大学の白井聡は、厳重注意処分だけなのに対して、シナ人(中国人)を雇わないって言った大澤昇平は、東京大学から解雇処分。この差はどこから来るんだ?やっぱり、シナ人様の雇用は、日本人の命よりも重たいっていうことかね?だとしたら、シナ人(中国人)とか、シナ(中国)に対する忖度強すぎだろ。あるいは、白井聡っていう男が、‘第15代早稲田大学総長白井克彦’(ウィキペディア)の息子っていうことに対する凄まじい忖度か?大学院は一橋大学に行っているようなんだけど、一橋大学って、そういう巣窟になっているのかね(※)。
※コラム「御大将通信2020年12月29日号/「弐」」(2020-12-29)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-41226.html


青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2021/03/26)
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる