FC2ブログ

Entries

御大将通信2021年3月19日号

士族クオリティー


壱:
【外交文書 公開】政府 天安門事件当日 中国と融和方針決める 注目記事 NHK政治マガジン/2020年12月23日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/50685.html
シナ(中国)っていうモンスターを育てた日本。そして、育てるだけ育てたモンスターに対しては、潰すには大きすぎるから共存を考えないって言い出すマッチポップレトリック。ふざけるなよな。


弐:
【外交文書 公開】政府 天安門事件当日 中国と融和方針決める 注目記事 NHK政治マガジン/2020年12月23日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/50685.html
シナ(中国)っていうモンスターを育てた日本。田中角栄、中曽根康弘っていう親中派(媚中派)の為政者たちっていうのは、それに抗った保守派政治家たちと違って先を見る目がないのかって思うけど、田中角栄とか、中曽根康弘っていう政治家たちを、かなり良く言えば、太平洋戦争をまだ続けている、アメリカと100年単位、200年単位で戦っていて、アメリカに勝つためには、日本をシナ(中国)に生贄にしてでも、悪魔に魂を売ってでも勝ちたいっていう大戦略だったのかもしれないって言えば、大戦略なのかもしれないけど、実に気持ち悪い。


参:
【外交文書 公開】政府 天安門事件当日 中国と融和方針決める 注目記事 NHK政治マガジン/2020年12月23日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/50685.html
‘宇野総理大臣は、7月15日の討議で「心に留めておくべきは、今の中国は『弱い中国』であるということだ。歴史的に中国は、弱い時には常に強い排外的な姿勢を取ってきた。宣言を公にするにあたっては、ことばを慎重に選び、いたずらに中国人の感情を刺激し、彼らの態度を硬化させるべきではない」と発言しました’ってあるんだけど、冷戦後の社会像を見誤ったことと、冷戦時代への逆戻りを恐れたことによる、チェンバレン的弱腰って言うことが出来るよな。チェンバレンと、ペタンは同価値で評価しないとバランスがはかれないよな。


肆:
【外交文書 公開】政府 天安門事件当日 中国と融和方針決める 注目記事 NHK政治マガジン/2020年12月23日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/50685.html
どんなに詭弁を弄しても、あるいは、三百代言しようと、ようは親中派(媚中派)。シナ(中国)の共産党軍の軍事パレードを絶賛して、自衛隊非難をする土井たか子みたいな連中が、保守政党にもいるっていうことだな。
※コラム「土井たか子(死人)vs百田尚樹(生者)」(2014-12-25)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-12361.html

伍:
【外交文書 公開】政府 天安門事件当日 中国と融和方針決める 注目記事 NHK政治マガジン/2020年12月23日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/50685.html
周庭(アグネス・チョウ)とかが無視されているわけだよな。ミャンマー軍の後ろシナ(中国)がいると思えば、忖度してやっぱし無視する。日本の親中派(媚中派)って、気持ち悪いくらいに力があるな。媚中派と財界・市場原理主義者、親和性が高いからな。


陸:
【外交文書 公開】政府 天安門事件当日 中国と融和方針決める 注目記事 NHK政治マガジン/2020年12月23日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/50685.html
日本を含めた欧米サイドは、冷戦後、戦勝国として、敗戦国に対する取り扱いを間違えたよな。ロシア(ソ連)や、シナ(中国)に対しては、きちんと敗戦国として東京裁判・ニュルンベルク裁判みたいに裁かなくちゃいけなかったんだよ。それを、冷戦が終わるならって宥和的過ぎたな。もしかしたら、そういう工作をした勢力、あるいは、反米勢力がいたっていうことかね。これに対する対抗策として、今、採れる戦略はデカップリングなんだよな。トランプ前大統領は、優秀だと思うよ。このあたりをきちんと喝破しているわけだからね。
※焦点:トランプ氏発言に広がる懸念、米中デカップリングの現実味 ロイター/2020年6月24日
https://jp.reuters.com/article/analysis-trump-decouple-idJPKBN23V08G


漆:
【外交文書 公開】政府 天安門事件当日 中国と融和方針決める 注目記事 NHK政治マガジン/2020年12月23日
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/50685.html
日本の反日左翼、革新、最近はリベラルを名乗っている連中って、シナ(中国)がやる人権感覚に関しては随分と寛容どころか、シナ(中国)と一緒に全体主義、権威主義、独裁主義の一翼を担っているとしか思えないよ。
※コラム「御大将通信2021年3月13日号/「漆」」(2021-03-13)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-42116.html


捌:
いなげやnews|創業120年記念「いなげや すこやけく史料室」本社1階に開設 – 流通スーパーニュース/2020年05月25日
https://news.shoninsha.co.jp/strategy/152932
‘翌1956年には、立川店にセルフサービス方式を採用。都下では最初のスーパーマーケットとなった。’ってあるけど、この当時のセルフって、ようはレジまで自分で持っていくことをもってセルフって言っていたことになるのか。ところで、豊田駅前にある西友に行ったら、セルフレジに誘導しようとするから嫌だっていう話を姉にしたら、遅い時間だと、有人レジそのものがなくなるって言われて驚いたよ。商品を地下から1階まで持っていくのも嫌なのにな。神保町の三省堂にいたっては、1階にしかレジがなくて、あの店を基本的に使わなくなったのにな。


玖:
新型コロナ 東京の重症病床、基準見直しで使用率大幅減 ステージ3相当に 日本経済新聞/2021年3月2日
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODF022UU0S1A300C2000000/
‘厚生労働省が毎週公表している新型コロナウイルスの感染状況の指標のうち、東京都の「重症者向け病床の使用率」が前週比で86%から32%になったことが話題を呼んでいる。分母となる確保病床数の報告数について、都が国の基準に合わせたためだが’ってあるんだが、こうやって変更することが出来るなら、なぜに、重症者数のデノミ的東京ルールも合わせて変更したのか疑問だよ。こっちは国に合わせて変更できて、あっちは国に合わせて変更できないっていうことはあるんですかね?
※コラム「御大将通信2020年12月13日号/「弐」」(2020-12-13)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-41048.html


什:
都の重症病床使用率、大幅減 従来は実態反映せず - 産経ニュース/2021.3.2
https://www.sankei.com/life/news/210302/lif2103020042-n1.html
‘そもそも重症者をめぐる都と国には考え方の違いがある。都は人工呼吸器か人工心肺装置を使っている患者としているが、国は集中治療室(ICU)などに入った人も加えている。国の基準に基づく場合のほうが患者数、病床数とも多くなる。都は専門家の意見も踏まえて「現場の実態に即している」などとして、都の発表や分析では都の基準で行っている。/一方で、厚労省に対する報告では昨年夏、同省側の要請に応じて患者数は国の基準で行うようになった。関係者によると、当時、確保病床数に関しては踏み込んだ議論は行われず、都の重症基準に基づくピーク時想定数の500床で維持されたという’ってある。ということは、マスコミ発表重症者数は相変わらずデノミで、病床使用率は国の基準に合わしてっていうことかね。


青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2021/03/19)

スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる