Entries

2017年7月23日の寄生虫

移民国家末路 (2)

昨日も立川駅ビル「グランデュオ」界隈の立ちんぼガイジンたちがうろうろしていたけど、今日は昨日と違ってやや遅めの朝6時半頃に通りかかったが、相変わらずいる。これがガイジンとの共生社会かね。共生社会推進のために、立川市・立川警察署は取り締まりをしないで放置しているのかね。2周もすればガイジン売春婦たちを把握できるのに、そんな簡単な仕事をやらない行政って、ダイバーシティーとか叫んでいる姿と相乗で、売国奴・非国民にしか思えないよ。
 もう少し時間が経ってから、立川北口のデッキ上を歩いていると、伊勢丹横あたりでシナ語(中国語)を喋る男3人組を追い抜いて歩いて行く。こいつらっていうか、ガイジンたちって、確認のためにちゃんとガン見したり、近づくと、急に黙るんだよな。
 シナ人(中国人)三世代旅行客がぞろぞろと、ヤマダ電機横の階段を降りていったな。多分、道を間違えていると思うけど、こいつらそのまま日本に居つく勢いだよな。嗚呼、嫌になるよ。辟易するっていう奴だな。
 立川駅北改札のあたりで、スリムっていうか、チビの白人男を見かけるけど、この手の白人男をしばしば見かけるけど、子ども時代に十分な栄養を摂っていないんじゃないかって思うよ。白人って言っても、必ずしも先進国民じゃないだろうし、先進国の人間でも、オバマケアを受けるような層もいるわけだからね。貧しい階層出身の白人で、日本に居つく気満々なんだろうね。在日米軍が進駐軍って言われた時代に、日本に居つこうなんていうアメリカ人は基本的にいなかったし、今だってそうでしょ。在日米軍の将兵・軍属以外のガイジンって寄生虫だよな。
 京王片倉駅の駅前にいると、白人のおっさんが行ったり来たり。
 夜9時過ぎに、青梅線で立川駅に戻ってくると、黒人男3人、黒人女3人のグループが電車待ちをしていたな。青梅線でこの時間に下っていくっていうことは、在日米軍関係者かね。黒人は黒人でかたまるんだな。

青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2017/07/23)

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる