Entries

映画『セールスマン』レビュー

セールスマン


土民的正義の体現っていうところですかね。一神教は、八百万とは相容れない価値観だなとも。その中の、近現代性と土民性の融合っていう具合だったな。

全くと言っていいほど意外性はなかった。劇中劇同様に鈍くさい。結局、国民、国家の土壌性からは逃れられない。日本は、キレッキレのハイセンスさがあるなって。最近、失われた20年のゆとり世代がオトナになるにつれて、土民的鈍くささが出てきたけど、90年代後半あら00年代初頭はキレッキレのハイセンスさがあったよ。


コラム「映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』レビュー」(2017-06-02)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25851.html

コラム「映画『T2 トレインスポッティング』レビュー」(2017-04-19)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25215.html

コラム「映画『光をくれた人』レビュー」(2017-06-09)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25971.html

コラム「映画『20センチュリー・ウーマン』レビュー」(2017-06-07)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25937.html

コラム「映画『ニュー・シネマ・パラダイス』レビュー」(2017-01-31)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-23968.html

→映画って、あるいは映画に関わらず作品って言われるものは、その国々の土壌とは切っても切れない関係性にあるけど、先進国って言われる国々でも、その時代、時代で日本より遅れた、あるいは貧しい世界で生きているんだなって思うよ。自分が生きてきた時代でも、おいおいこの貧しさ、汚さ、日本のどこを探してもないでしょ。ところで、右ハンドル・左側通行のものに対しては、親近感が湧くな。親和性が高いなって思うよ。



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる