Entries

イスラムテロはいずれ日本でも起きるだろうね

士族クオリティー


イスラムテロを怖がることないってふざけたことを言っているロンドン市長は、イスラム教移民2世のサディク・カーンだけど(※1)、言っていることはポジショントーク以外の何もでもない。
 こういうポジショントーク、先日もベルギーテロで一介のイスラム系移民も同じことを言っていたよ(※2)。こういう思想性は、イスラム教徒に対する共通の考え方なんだろう。ということは、日本に次々とイスラム教徒が入り込んできているけど、日本でまだイスラムテロが起きないのは、まだその数がその域に達していないことと、ホームグローンテロリストが育成されるほど時間が経っていないからだろう。それなのに、移民政策の既成事実化を進めているんだから、救いようがない。東京オリンピック2020なんて危険で、とてもじゃないけど怖くて行く気になれない。ガイジン犯罪も併用してくるだろうし。

※1.
米首脳がテロ巡り英市長批判|時事通信・ニフティニュース/2017年06月05日
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12145-2017060400631/

※2.
コラム「自省の足りないイスラム教徒」(2016-04-05)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-17853.html
→日本人は、戦後72年も反省しろって言われ続けている上に、敵国条項があるせいか、国連加盟国の他国よりも緩い法規制でも、なぜか国連やら、世界市民から非難される始末(※4)。

※3.
コラム「ガイジンが国政をやっている、日本死ね」(2016-12-08)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-23196.html

コラム「これもまた移民既成事実化の1つ」(2017-05-06)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25481.html

※4.
コラム「21世紀序章の世界内戦」(2017-06-04)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25863.html

「国際ペン」会長 「テロ等準備罪」新設法案に反対声明 NHKニュース/6月5日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170605/k10011007201000.html
→‘「国際ペン」のジェニファー・クレメント会長の声明を発表しました。声明では、「法案は表現の自由とプライバシーの権利を脅かすものとなるだろう。法案に反対するよう、国会に強く求める」としています’って、さしずめ、出自によるポジショントークだろ。

青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2017/06/06)
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる