Entries

個人情報保護法の財界に対する忖度改正

そうだ難民しよう! (2)


‛施行された改正個人情報保護法は、企業などが持つ個人情報を、名前や生年月日を削除するなどして誰のものか特定できないように加工すれば、本人の同意がなくても一定の条件の下で第三者に提供することを認めています’(※1)と、個人情報保護法が改正されたが、経団連が以前から要求していた通りになったわけだ(※2)。
 いいわけないだろって。個人情報を再利用っていうのが認められるっていうのは、著作権同様に、利用代を個人に支払うべきだろうね。また、そういう権利が認められる企業に対しての言論は、侮辱罪、名誉棄損、信用棄損が免除されて、闊達に言論市場の対象にするべきだし、届出制にして、利用しているっていう企業名の公表もまたするべきでしょ。別に悪いことをしていないなら、こそこそ隠すようなことでもあるまいし。また、企業名を伏せれば、わかるような形での非難なら何を言ってもOKだろう。それにしても、個人情報保護法って、個人情報を厚く保護する法律ではなくて、軽く扱っていいお墨付きを財界に与えるような法律だよな。


※1.
改正個人情報保護法 きょう施行 NHKニュース/5月30日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170530/k10010999721000.html

※2.
コラム「シナ人(中国人)移民は侵略の先兵」(2016-08-02)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-19761.html

コラム「日本とビッグデータ」(2017-05-01)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25342.html

コラム「血盟団と経団連」(2017-05-05)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25458.html


青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2017/06/07)

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる