Entries

財界の嘘つきとパリ協定脱退の話

士族クオリティー

トランプ大統領がパリ協定からの脱退声明を出したことに関して(※1)、日本の財界からご立派な声が出ているけど(※2)、どれを聞いても親中派(媚中派)発言にしか思えないものばかりなんだが、その中の一つに、‛日本商工会議所の三村明夫会頭は同日の記者会見で「参加国のやる気を含めて効果を減殺するものにならざるを得ない」と指摘。「(離脱理由とした)雇用を守りながら、二酸化炭素(CO2)の削減を目指すべきだ」と語った’(※3)ってあるんだが、どの口がそういうことを言うのか、白々しさに吐き気がしたよ。
 失われた10年、あるいは20年やら、就職氷河期の頃、良識的な識者は、ワークシェアリングのような形になっても、当時の若者である団塊ジュニア世代の雇用(正社員、終身雇用など昭和的な労働者価値観)を守るべきだっていう声を挙げていたけど、財界のグローバルだの、その競争社会で生き抜く上では、雇用形態は変わらずを得ないってさっさと雇用を切ったでしょ(※4)。で、「雇用を守りながら」?お前ら財界が一番軽視している奴じゃん(笑)。尤も、株価の動きを見れば(※5)、市場はトランプ大統領を評価しているじゃん(笑)。財界人の本音もそんなところか。

※1.
コラム「名ばかり自由貿易主義だろ」(2017-06-02)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25839.html

※2.
米のパリ協定離脱「残念」 経済3団体がコメント  :日本経済新聞/2017/6/2
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02HK3_S7A600C1000000/

※3.
【米パリ協定離脱】経済界から非難相次ぐ「効果減殺する」 - 産経ニュース/2017/06/03
http://www.sankei.com/economy/news/170603/ecn1706030013-n1.html

※4.
コラム「単に昭和的労働観の復活じゃねえか」(2017-06-02)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25833.html

コラム「昭和時代って回顧主義じゃなかったの?」(2017-06-02)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25834.html

※5.
NY株式市場 前日に続きダウ平均株価の最高値更新 NHKニュース/6月3日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170603/k10011005261000.html


青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2017/06/03)

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる