Entries

金塊密輸の闇と、入管行政の闇

そうだ難民しよう! (2)

強盗事件のとばっちりで金塊密輸の韓国人たちが逮捕されたが(※1)、この問題は問題で根深いっていう(※2)。ここで疑問に思うのが、入管って何をやっていたの?っていうわけだ。今回の事件も、金塊強盗事件で、警察が動いたから、入管も動かざるを得なかったっていうだけの話でしょ。
 どうも、入管行政とか、法務省っていうのはおかしな動きばかりをする。確信犯でやっているんじゃないの?って思うほど。今回も、一般治安行政を担っている町奉行所的な警察が、不正を働いている関所に乗り込んできたから仕事をしました的。あるいは、犯罪の結末に対峙していない組織にとって、他人事っていうだけなのかもしれない。検察や、裁判所が犯罪者に対して鷹揚なのも、警察が生の被害者と対峙するのに対して、データと対峙する違いがあるからっていうのかもしれないが、それにしても想像力の欠如が甚だしい。障害者と言ってもいいくらい。

※1.
金塊6キロ密輸未遂の韓国人4人再逮捕 福岡県警 - 産経WEST/2017.5.24
http://www.sankei.com/west/news/170524/wst1705240033-n1.html

※2.
金塊 闇の“錬金術”~私たちの税金が奪われる~ - NHK クローズアップ現代+/2017年5月23日
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3978/

※3.
コラム「クルーズ船利用の不法滞在と確信犯的入管行政」(2017-02-05)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-24006.html

コラム「入管による組織犯罪を疑え!」(2016-11-11)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-22865.html

コラム「文化テロと査証緩和と売国奴」(2017-05-04)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25417.html

青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2017/06/01)
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる