Entries

オタクのパラダイムシフト

士族クオリティー


東の秋葉原、西の日本橋って言い方がなされることがあるんだけど、‛僕が感じている限りでは、03年から05年ごろですね。明確にオタク・サブカルチャーの街と言われるようになったのは、05年からだと思います…中略…やっぱりメイドカフェブームですね。秋葉原は02~03年ごろからだと思うんですが、日本橋は05年くらいから流行り始めました。もともと日本橋には、アニメショップなどはあったんですけど、それまでは点在していたんですよね。それが集中し始めたのも05年くらいから。今で言う「オタロード」がそう呼ばれるようになったのも、そのころからでした’(※1)ってあるんだけど、ようは関西にはオタク文化がなかったのね。
 日本橋で、オタク文化が定着したっていうのは、秋葉原でオタク文化が死んで、パンピー文化のなんちゃってオタク文化が興隆してきた時期と全く被るから(※2)、パンピー文化の中のオタク文化なんだろう。便宜上、オタクっていう言葉を使っているけど、オタクはオタクを自称しないし、抵抗するよ(※3)。それがこの時期になると、秋葉原でオタクって書いたTシャツを着た変なのやら、買い物目的外でフラフラする奴らや、複数人で店内をうろうろする連中やらが続出するようになった。自分も、友人と秋葉原で待ち合わせをしていたけど、買い物は別々に。それがあっという間に、アベックが現れ、オフィスビルが出来、ガイジンが現れ。こんなのオタク文化でもなんでもないよ。カレーの東洋と、ブラックゲーマーズを知らない奴らはオタクを語るな、秋葉原を語るなっていうところ。


※1.
オタク文化があるから生き残っている街だった! “東京オタク”が西のオタク街「日本橋」を調査してみたら……|おたぽる/2017.05.02.
http://otapol.jp/2017/05/post-10466_entry.html

※2.
コラム「オタクとOTAKU」(2012-06-06)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-4543.html

コラム「呟き264.」(2012-06-15)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-4818.html

※3.
コラム「オタクの反対語は如何」(2012-06-05)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-4496.html

青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2017年5月13日)
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる