Entries

人類シャッフル計画って何だ?

士族クオリティー

自分には理解不能な主権国家無視の人類シャッフル計画なのだが(※1)、そんなに先進国民たちの中の左翼連中にとって、主権国家っていうものは居心地が悪いのかね。
 冷戦期に主権国家がエッヂの効いた意味のあった時代、80年代、90年代は良い時代だったと思うんだけどね(アメリカもポリスアカデミーのようなバカ映画で盛り上がれて)。そんな時代に、中曽根康弘はシナ(中国)っていうモンスターを育ててしまうっていう売国行為をやったのか?先日、99歳の中曽根康弘が、裏切った改憲論を主張していたけど(※2)、この人、戦後、天皇生前退位論を唱えたり、シナ(中国)っていうモンスターを育てたり、ここで改憲論ですか(笑)。中曽根康弘が日本を不幸にするモンスターに見えるよ。そして、今っていう時代がどのように見えているのか?
 そんな中曽根康弘が影響力を持つのか。八百万の日本の神々が味方するとは思えないんだけど、もしかしたら、ガイア理論の中に、人類をシャッフルさせるっていうものがあって、それにでも動かされているのかねってしか考えられない。じゃなかったら、朝鮮人や、シナ人(中国人)の血でも入っていて、ポジショントークをしているっていうところか。

※1.
コラム「人類シャッフル計画」(2012-03-13)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-3921.html

コラム「グローバリゼーションは単なる人類のシャッフル」(2016-11-12)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-22884.html

コラム「主権国家崩壊を起こさせる反日左翼とグローバリスト」(2017-05-02)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25382.html

※2.
【憲法施行70年】中曽根康弘元首相36年ぶり改正案を公表 鳩山由紀夫元首相は「自衛軍保持」明記 - 産経ニュース/2017.5.3
http://www.sankei.com/politics/news/170503/plt1705030027-n1.html

青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2017/05/06)
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる