Entries

日本の利益を最大化する海外との関わり方

士族クオリティー

海外からの旅行客が増える一方で、別に日本人には消費税が減税になるわけでもなければ、何のメリットもない上に、ガイジンだらけになって、治安も悪くなる一方。だから、秋葉原なんて防犯カメラの増設増設に加えて、秋葉原の昔(90年代)と今(10年代)で大きく変わったなって思うのが、パトカーの動き。今は明らかに、パトカーが街区をグルグル徘徊的に回っているよ。それだけガイジンが増えるっていうのはそういうことなんだろう。
 クロネコも値上げするっていうけど、それはAmazonなどの外資の配達物増加で、まずは個人から値上げをだって。日本郵政も、オーストラリアでの損失穴埋めなのかどうかははっきり言わないが(※2)、オーストラリアで大損したらハガキ代が値上げしたばかりなのに、それよりはるかに大きく値上げ(※3)。海外と関わっても、日本ってろくな目に遭わない。日本のとるべき海外とのスタンスって、外部者として売り買いでいいだろ。つまり、企業統合とか、経済圏統一じゃなくて、売買、貿易の関係性まで。それが最もリスクの少ない日本らしいやり方。人も同じ。日本では働かせない、受け入れない、帰化させない、永住権を与えないなどの基本ルールを守って立ち向かうべきだろうね。男女問題で言うなら、ガイジンは買うべきものであって(※3)、結婚、恋愛するものじゃないよ(笑)


※1.
コラム「クロネコヤマトの話は美談じゃないだろ(笑)」(2017-04-10)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-24999.html

※2.
コラム「マクドナルド米が日を手放すわけないよな」(2017-05-04)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25409.html

※3.
コラム「ベトナム人女児殺害事件と性豪先生」(2017-04-17)
http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25170.html

青森出身の22歳女性が、吉祥寺(武蔵野市)路上でルーマニア人少年に強盗目的で殺害されるっていう事件が2013年に起きているんだけど、武蔵野市は東京五輪2020で、ルーマニアのホストタウンになるんだって。キチガイでしょ。ガイジンを積極的に受け容れたい政財界の意向は、田舎娘の一人や、二人殺されたって、日本は気にしない国ですよっていうアピールかね?遠い昔の話じゃなくて、ここ数年の話でしょ?
コラム「武蔵野市は、ルーマニアのホストタウンだけはやっちゃいけなかったよな」(2016-03-01)


(2017年5月4日)

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる