Entries

吉野家(@立川北口大通り店)12回目

吉野家(@立川北口大通り店・×券売機・○給水ポット・×テーブル席・2017/06/10):「牛丼(並)+玉子」(380円+80円):★★★☆☆:並盛って言ったら、牛丼ですかって聞かれたよ。そういう時代だからな。※コラム「2017年6月4日の別腹(5回目)」(2017-06-04)http://ciaosorella.blog70.fc2.com/blog-entry-25884.html→立川南口店では、酷い目にあったから、立川北口大通り店に。...

いのちや(@本店/川越)1回目

いのちや(@本店・×券売機・×給水ポット・○テーブル席・2017/05/02):「特製うな重(菊)+酢のもの」(3,620円+480円):★★★☆☆:うなぎは原材料が高いんだな。結構地味に味付けが強い。焦げな感じの香ばし感は嫌いじゃない。...

銚子丸(@立川店)2回目

銚子丸(@立川店・×券売機・△給水ポット…セルフのお茶・○テーブル席・2017/02/12):「回転寿司」(1,000円くらい):★★★☆☆:昨日、中尾彬が寿司の蘊蓄を語っている番組を見たから、真似てみようと一発目はコハダからだと思ってたのもうと思ったらないから、「自家製しめさば」にしておく。5貫食うらしいんだけど、ながらで見ていたから、最後はかんぴょう巻きっていうのは覚えていたけど、中略的に記憶がないから、そこは...

梅そば(@飯能)3回目

梅そば(@飯能)3回目梅そば(@飯能・×券売機・×給水ポット・○テーブル席・2016/12/31):「特上笹切りうどん+大盛」(1,404円+162円):★★★☆☆:並盛と比較したくて大盛にしたけど、一昨年にここでたべたこのメニューが大盛を食べていたから、並盛にすればよかったな。結局、人間の行動パターンってそうそう変えられないから、記録、資料って大事なんだよなって思うところ。大盛は、並盛と比べて一盛り多くて、つけ汁...

一心寿司(@新発田城北店)1回目

一心寿司(@新発田城北店・×券売機・×給水ポット・○テーブル席・2016/12/19):「寿司+コーラ」(2人で5,357円):★★★☆☆:みそ汁は中身や時価だったり、回転寿司の割りには高いけど、美味しい。まぐろもトロみたいだった。そこそこ高いから、そんなに食べなくていい(笑)もちろん、サーモンは食べないで、一緒に行った人に交換してもらったよ。...

丸亀製麺(@昭島店)1回目

丸亀製麺(@昭島店・×券売機・×給水ポット・○テーブル席・2016/12/16):「親子丼定食(中、ざるうどん並)」(780円):★★★☆☆:メニュー表をよく見ないで注文したから、「中」もありますけどって言われたから、咄嗟に、中って、並の上なのか、下なのか。うーんと思ったけど、それをお願いしたら、スタンダードは「小」だったな。そう言えば、追加100円で「大」っていうのがあったから、スタンダード、あるいは標準オプショ...

スシロー(@福生店)2回目

スシロー(@福生店・×券売機・×給水ポット・○テーブル席・2016/12/02):「鯖バーガーとか」(2人で2,991円):★★★☆☆:鯖バーガー、この生っぽさ、既存のファーストフードでは出せないな(笑)。これ以上、生臭くなったらアウトっていうレベルのスリル感が良かったね。フィレオフィッシュの方がいいけど。...

六文そば(@秋葉原)1回目

六文そば(@秋葉原・×券売機・△給水ポット…給水機はあったな・×テーブル席・2016/11/28):「山菜そば」(360円):★★★☆☆:秋葉原に飯やが多くなる前、あるいはほとんどない頃からあって、認識はしていたけど、労働者の多いところにあるタイプの立ち食いそば屋だから、それほど食指が動かなかったけど、ガイジンが多いアキハバラに辟易したところに、六文っていうネーミングが妙に響いた。まず最初に浮かぶのは、落語の小話に...

漁師食堂(@村上市岩船港)1回目

漁師食堂(@村上市岩船港・○券売機・×給水ポット・○テーブル席・2016/11/21):「漁師丼」(1,080円):★★★☆☆:地元向けかな。田舎者の妙な動きで、外で食うことに。なんかむかついた。その上、別にここで食べなくても。特に新鮮感も覚えなかったし。やっぱし、ちゃんとした食堂で食えば良かった。挙げ句に、セルフだし、外のテーブルに持っていくのにはドアの幅は狭すぎるし。何か田舎者、むかついたな。疎開者をいじめたか...

高尾山(@高尾駅構内)2回目

↑券売機が起動したてで、暖簾はまだ出ていない状態。高尾山(@高尾駅構内・○券売機・△給水ポット…給水器・×テーブル席・2016/11/09):「カレーそば」(440円):★★★☆☆:17:00ちょっと前にこの店を利用しようとしたら、券売機が準備中ってなっていたけど、常連っぽい人が来たら、おもむろに出てきて券売機を起動させて営業を始めたな。立ち食いそば屋に休憩中があるのは初めて見たよ(笑)何かそばでも食べようと思って写...

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる