Latest Entries

沢の稲荷@立川南口 その4|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月09日

kanji-file-name-392.jpg


沢の稲荷@立川南口 その4|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月09日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000115879.html

↓原文ママ

沢の稲荷の全景。

写真左は公道からの入口。左は市民農園の方から撮した。結構、大きな木があるんだけど、20年くらい前まではもっと大きな木があったが切られてしまった。

危険性の問題で、立川南口のあちらこちらの大木は伐られてしまった。雷が落ちたとか落ちなかったとかで。

沢の稲荷@立川南口 その3|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月09日

kanji-file-name-389.jpg


沢の稲荷@立川南口 その3|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月09日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000114403.html

↓原文ママ

沢の稲荷側から見た参道。

参道と言っていいのか悪いのかは微妙なところだけど。見つけるのは、多分、大変だと思う(笑)。

沢の稲荷@立川南口 その2|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月09日

kanji-file-name-388.jpg


沢の稲荷@立川南口 その2|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月09日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000114401.html

↓原文ママ

こんもり盛り上がった沢の稲荷からの眺め。

写真左は、立川市が個人から土地を借りて、応募した市民に1坪農園として提供している。

写真右は、柴崎町だったか、南口だったかで唯一の専業農家の農地…だったかな。

柴崎上水が流れているのが見えるんだが、この時期にはとっくに流れがなくなっているのに。今年は雨でも多かったのかな?

沢の稲荷@立川南口 その1|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月09日

kanji-file-name-387.jpg


沢の稲荷@立川南口 その1|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月09日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000114393.html

↓原文ママ

わかりにくいところにある沢の稲荷(写真中央)。

元々、このあたりは沢で、水が流れていくる湿地帯みたいなところだったから、そこにある稲荷さんだから‘沢の稲荷’。

ここの盛り上がりは、塚とも言われている。それもただのお墓じゃなくて、戦場になった時に、そこら辺に散乱していた死体をまとめて埋めたところとも言われている。つまり、無名兵士たちの墓とも。

写真左と右は、沢の稲荷の左側と右側。微妙にパノラマっぽくした。左側のところでは、四半世紀くらいに前になるけど、殺人事件×ガス爆発事件が起きた。殺人事件→ころした人がガス爆発自殺を遂げる。

こういうエピソードがわかると微妙に怖くなる。と言って、心霊スポットみたいな噂がたったことは一度もないんだが。

サクラ大戦TV DVD−BOX|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月02日

kanji-file-name-357.jpg


サクラ大戦TV DVD−BOX|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月02日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000111698.html

桜咲くサクラ大戦か。

↓原文ママ

サクラ大戦TV第9話「火喰い鳥(クワッサリー)と呼ばれた少女」をようやく見ることが出来た…

リアルタイムで見ていたんだけど、第9話は録画ミスで見損なってしまった。毎週録画にしていたんだけど、ビデオの電源を入れっぱなしにしていて作動しなかった(まあ、するやつもあるんだけど)。

まあ、そのうちレンタルをするからいいや、凄くいい作品だからビデオを購入するからいいやと思っていたからそれ程気にしないでいたら、第9話が差し換えられていた。その前に、2000年の4月からの2クールでの放映がなされたんだが、その夏休み期に再放送をしたんでラッキーと思って待ち構えていたんだが、特選ということで第9話は放映されなかった。

第9話は通常ルートでみることが出来ないことが確定したんで、友達や友達の友達にあたってみたんだが、上書きしてしまったとか、途中で録画保存をやめてしまったとかやらでダメだった。

その後も、違法ダビングをやっているところに問い合わせてみたけどやっぱし、ダメだった。途中、もの凄く迷ったのがシナ(自称・中国)のコピー品。TV放映版をそのまま録画してある場合があるから、その可能性で購入しようと思ったが、2000年放映物がコピー品のDVDがそんなに流通していなかった時代のことを考えると、再放送差し換え版を録画したものが、DVD製品をダビングしたものしか寄こさないだろうと思い止めにした。

で、最近、YouTubeを利用して思ったのが、そう言えば、お友達の電機くんはウィニー小僧だったなと思いだしてちょっと探してくれって頼もうとしたところ、DVD−BOX化されるのを知っていたけど、放映版は収録されないだろうと思っていたら、されることがわかったので購入することにした。

やっと、鑑(み)ることが出来た。何らかの理由で差し替えられたものが収録されたところをみると、やはりそういう需要と商売という2点が、なんらかの理由を超えたっていうことだろう(笑)。

第9話は、TV放映時に「火喰い鳥(クワッサリー)と呼ばれた少女」だったものがビデオ(DVD・製品)版だと「哀しき火喰い鳥(クワッサリー)」とタイトル変更になっていたんだが、今回のDVD−BOX化に伴い、「第9話」と「TV放映版 第9話」として、どちらもタイトルは「火喰い鳥(クワッサリー)と呼ばれた少女」で統一された。「哀しき火喰い鳥(クワッサリー)」というタイトルは黒歴史に葬られるようだ。まあ、単品製品の価値が辛うじてあるということになるんだが(笑)。

中身は同じカットを使っている部分も結構あるんだが、TV放映版だと「月見そば」だったものが、製品版だと「天ぷらそば」になっていたのは笑えた。細かいな。マリアの過去や、マリアエピソードとしては、やはり、TV放映版の方がいいだろうと思った。あの程度の残虐シーンは、敢えて差し替えるほどでもないと思うのだが、そういう時代性・背景があったということか。残念ながら、その当時に鑑(み)ていないんでどのような感想をその時代性にもったかは断言できないのだが。

ところで、当時、VHS→DVDへの商品主流が変わり目の時代だった。秋葉原のゲーマーズ(当時は現在のリバティー8号店のあるところにあった。アニメイトは昭和通りの向こう側にあった)あたりも、VHS→DVDに商品のメインを入れ替えているところだった。友人の柏右京なんかはDVD導入をいち早くDVD購入派になったんだが、自分はVHSで十分だと思っていたし、CDメディアタイプは、メディア自体が脆弱だから信用度が低かったので、劣化云々よりも脆弱だなと思ったんで、VHSを購入していた(途中でVHS版を探すので苦労したが)。柏右京に言わせると先見性がない、自分から言わせると柏右京は新しい物に直ぐに飛びつき過ぎ(柏右京はLDの時にも直ぐに飛びついていた…自分は廃れた後に格安のものをコレクションで10枚くらい買った)。

今でもVHS派なんだが、時代の流れには勝てない。静止部分(止まっているカット)などでは、おかしな表現だが、VHSだと動が感じられるが、DVDだと感じられないからどうしても好きになれない面がある。

で、2〜3年くらい前までは、秋葉原の中古市場でもそこそこVHSもあったが、サクラ大戦というかどの作品もなんだが、DVDとVHSだと圧倒的価格差が中古市場にはあって、やっぱし先見性がなかったのかなと思っていたんだが、DVD−BOX化にともない放送版第9話欲しさに買って、どちらもDVDメディアっていうのは寂しいものがあっただろう。VHSで買っておいて良かったとちょっとだけ思った(笑)。他に、DVD−BOX化前の製品版を買っておいて良かったのは、パッケージかな。2組6枚入りDVD構成で、かろうじて6巻分のパッケージ画は使用されているんだが、残り3巻分は使われていない(特典映像に入っているが)。花組(大神除く)パッケージ構成ってことになる。

70〜80年代のガンダム(70年代として、80年代はマクロスやら、ボトムズを挙げる人もいる)
90年代のエヴァンゲリオン(自分はナデシコの方に軍配をあげているが)
で、00年代がないじゃないかって言う人もいるが、この作品、つまり、サクラ大戦があるじゃん!…映画化もされているし(トップをねらえ!も最近されたし…OVAだけど)。最近、粗製濫造とか言われているけど、名作はたくさんあるよな。90年代や80年代も。

やっと入手した第9話だけど、カウボーイビバップのテレ東放映版最終回第13話は何かの手違いでほったらかしにしておいたVHSにたまたま残ってあるのをみつけて大事にとってある。なんとなく、DVD化されなければいいなとか思ったりしている。実にせこい話だ…笑。

なんとなく合体|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年10月20日

kanji-file-name-297.jpg


なんとなく合体|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年10月20日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000106800.html

↓原文ママ

机の上にあがっていたものをなんとなく合体して写真撮影してみた。

映画「合体劇場版!!トップをねらえ!トップをねらえ2!」を鑑(み)てきた|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年10月16日

kanji-file-name-277.jpg


映画「合体劇場版!!トップをねらえ!トップをねらえ2!」を鑑(み)てきた|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年10月16日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000105962.html

↓原文ママ

アキバ3Dシアター(秋葉原UDX4階…‘クロスフィールド’とも言うらしい…どっちか1つにしろよ…これだけ大きいビルだと権利関係が錯綜していて、名称も1つじゃない?)に行ってみてきた。

秋葉原には詳しいんだが、新しく出来た施設関係はあんまり詳しくない。そんでも、場所だけはわかるんで、取り敢えず行く。デッキ(ペデストリアンデッキ)に上がって、駅近くのここの施設に行く。案内板には4階直通のエスカレーターがあるとあったので乗っていく(どうやって4階に行くのかなと思っていたんだが、外階段みたいに行けた…大型雑居ビルみたいなところだから)。

中に入ってから、キョロキョロしながらフロア案内板を見つけて場所をチェックして行き、チケットを買おうとすると、通り過ぎてきた‘東京アニメセンター’に行って買ってくれと言われたので戻り、言われた券売機を見つけて買おうとすると、1,000円札しか使用出来ないんで、目の前のカウンターで両替をしてもらう。で、チケットを買うと整理券を渡された(1,800円)。

シネコン形式みたいに、販売店もあったんでパンフレットもここで売っているのかなと思ったから、探してみるとあったので購入する(1,000円)。夜7時までの営業だから、7時以降の回に見る人はあらかじめ買わないといけなくなる。

番号順に会場に入場させていた。まあ、どっちにしろ最前列左側っていう席は空いているだろうと思ったけど、やっぱし空いていた。A−16に座った。好きな戦闘機っていうか爆撃機というかのA−10にしようかと思ったけど、やっぱし、スクリーン向かって最前列左端がいいやとA−16にしておく。

映画の内容の方が何をやるのか今一つわからなかったし、上映時間の長さもわからなかった。公式サイトをみたりしても今一つわからない(2ちゃんねるに情報収集しにいけばわかったと思うが、なんとなくいかなかった)。パンフレットをみても、映画情報っていうのが今一つ出ていない。パンフレットを開幕までの間に読んでいると、氷川竜介というアニメ評論家の‘濃縮された3時間がもたらす体験’…というタイトルが目に入った…1時間半を想定していたから、あらゆる意味で予想がはずれたことを悟った。

第1回上映の11時10分〜からにしようか、第2回上映の15時10分〜にしようか迷ったんだが、1時間半くらいの上映時間だろうから、15時10分〜からの回でいいだろうと。が、3時間か…帰りの電車、混むな…嫌だな。もう1つ期待をはずされたなと思ったのが、OVA‘トップをねらえ2!’最終巻の続きを1時間半くらいでやるのかなと思っていたが、3時間上映なら絶対にあり得ないということ…つまり、オリジナルじゃなくて、総集編的構成だなということ。嗚呼、嗚呼、あ。

トップをねらえ!最終話の宇宙からの‘オカエリナサ入’と、トップをねらえ2!’の最終話の地球から見上げる‘オカエリナサ入’、この2つが合体するのかなと思っていたが、総集編2本を合体しているだけだった…嗚呼。

もちろん、トップをねらえ2!パートの最終まで期待をもって諦めなかった。もしかしたら、ノリコ&カズミが地上に降り立つシーンが出るんじゃないか、出るんじゃないかなって…魂を救済してくれぇぇ!!と思ったけど…奇跡は起こらなかった。トップをねらえ!&2の最終話の壁の向こうには行ってくれなかった。

ただ、どちらも総集編だったんだが、内容はよかった。(無印)の方は、ややテンポが速かった気もするが、メリハリがついていて良かった(但し、OVA作品をみていない人にとっては内容把握がしにくかったかもしれない)。やっぱし、いい作品だなと思った。自分の記憶が正しければ新しいシーンとかも入っていた。Zガンダムと違って、キャラや画像は変わっていなかった。自然だった。Zガンダムの現代調が良かったから、パートチェンジもあんまり非難したくないんだが、こちらの方が自然だった。もしかしたら、新シーンは入っていなかったのかもしれないけど、多分、入っていたと思う。もしかしたら、セリフとか画像の編集での変更だけなのかもしれないけど。軍令部の会議に植田佳奈が女課長として出てきた、これだけで終わるのかなと思っていたら、最終場面では、植田佳奈の声が一番、多かった気がする(笑)。

(無印)の方が上映が終わって、このまま2の方の上映が続くのかなと思ったら、場内が明るくなった。休憩時間のようだ。事前情報が全くないから、周りの観客もやや戸惑っている様子だ…で、しばらくすると、スクリーンに‘幕間05:00’(エヴァンゲリオン調…コンマ秒もあったような)というカウントダウンが始まったから、あと5分は休憩時間があるということがわかった。で、トイレに行くことにした。結構な広さと綺麗さだった。秋葉原の新トイレ名所を発見…が、このくらい綺麗だと混雑度はある程度の高さが予想されるが、場所的にアニメセンターとかがメインなことを考えると、混雑度は低いかも。

幕間が終わって、2の総集編の上映が始まる。OVAだとわかりにくかった世界観が設定がもの凄くわかりやすくなっていた。OVAをみていたからなのかもしれないけど、わかりやすくなっていた。多分、セリフの端々にわかりやすく解説を入れてきたと思う。

が、重ね重ね言うが、その向こうに行けなかったのは残念だ。ノリコ&カズミが地上に立つ…これをもの凄く期待していたのに。ただ、(無印)の最終話で、魂だけが戻ったのかな…という解釈も出来たから、その点を払拭してくれた、それで地球もきちんと健在。ちゃんとした、地球に帰れたことだけがわかっただけでもよしとするか。それにしても、2で、(無印)の世界観・設定をあれだけめちゃくちゃするだけのことをやったんだから、そのくらいのサービスをしてもらいたかった。サービス、サービスとかって感じに…ユングとかのエピローグとかもやってくれたら最高だったのに。亜光速冒険を繰り返していて、ノリコ&カズミを迎えるとか…まあ、そんなら、ノノリリとか改名されているわけないんだが…

‘一万二千年分の奇跡。一万二千年分の友情。’っていうのにもの凄く期待したんだけどな…藍青じゃないけど、寸止めだよ…藍青だって、最後は寸止めの向こうにいったのに…。

立川のベルリンの壁、建設中|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月14日

kanji-file-name-400.jpg


立川のベルリンの壁、建設中|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年11月14日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000115895.html

WILL(現・ルミネ立川)が南口から見えなくなったことによって、立川の軸がなくなった気がするよ。北口にあって、遠目にはとっくに見えなくなっていたかな。立川タクロスっていう第一デパート跡に新しく建ったビルは見えるけど、あれは何か違う気がするよ。

↓原文ママ

立川駅南口に駅ビル(だと思う)を建設している。規模はあんまり大きくないから、出来たとしても三鷹の駅ビルのロンロン程度のものだと思うから、商業ベース的には大したもんだとは思えないが、今回は立川駅構内の乗り換え専用通路を改修して新規改札口をつくるって言うから、人の流れは根本的に変わると思う。

立川駅改札が分断化される(まあ、自由通行路がなかった時には、北口と南口の2つに分断されていたと言えるんだが)。ただ、複雑化するという意味では初めてだろう。

モノレールが通ることによって、その軌道がなんとなく南北口構造だった立川が、東西口の4口化するんじゃないかなって思う。まあ、北口側に改札口が出来るか出来ないかはわからないが。

そういう観点において、南東口は、既に南西口とは既に文化圏が違うとも言えるから、柴崎町3丁目の一部は、錦町に編入した方がいいし、現状においても十分変な曙町1丁目は富士見町に編入した方がいいだろうと思う。

多分、建設中のこれはそんな分断化の象徴になるなって見ている。

立川、東西口分断化計画?|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年10月09日

kanji-file-name-253.jpg


立川、東西口分断化計画?|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年10月09日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000103338.html

↓原文ママ

コラム「日々更新、立川駅南口…」
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000100022.html

でアップした写真よりも遡及する写真がハードの中から見つかったからアップ。多分、南口にもう1つ駅ビルを作るっていうだけじゃなくて、立川には南北口しかないが、新しい改札が出来ることにより東西口っていうのが出来るんだろうな。

実際、多摩都市モノレールが出来たことにより、微妙に東西口化はしつつあるんだが、JRに新しい改札口が出来ることにより、決定的になるんじゃないかなと思う。新しい文化圏が出来るんだろうな(人の流れが変わる、人種が変わる)。

ちなみに、今度できる駅ビルって、多分、仮に出来たとしても三鷹駅南口にあるロンロン並の大きさで存在感のないものだろうと容易に想定できる。むしろ、改札口が出来ることの方が意味が大きいだろうな。立川の再開発計画ってしょっちゅうころころと変わるというか、不透明だから実際には何が出来るかは知らないけど。

日々更新、立川駅南口…|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年09月26日

kanji-file-name-207.jpg


日々更新、立川駅南口…|桜田門二郎の備忘録(United Sites)/2006年09月26日
http://ciaosorella-lilian.moeblog.jp/content/0000100022.html

エキュートを造っている最中の写真だな。

↓原文ママ

立川駅前のデッキの上に行ったら、ルミネ(駅ビル)が見えにくくなっている。なんか、立川駅南口にまた、新しい駅ビル&改札口(出入口)をつくっているという一環みたい。

何がやりたいんだが…どんどんごちゃごちゃしていく。右側の写真は、ちょっと前に撮ったもの。

Appendix

プロフィール

三宅坂三郎

Author:三宅坂三郎
1974年(昭和49年)生まれ

※※コメント・トラックバック歓迎です。トラックバックの意味、よくわかりませんから反応がなくても気にしないで下さい。
→コメント歓迎と言いつつ、管理能力の諸事情から、コメントできない設定になっています(笑)。何かありましたら、ciaosorella@hotmail.com の方までよろしくお願いします。2006/11/26追記

※プロフィールの写真は、めぞん一刻の一刻館からの眺めって言われている東久留米の小山台遺跡公園で、響子さんガチャポンを撮影したもの。

Since 2006年9月25日(月)

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる